第1回小嶋一浩賞

仲 俊治

建築家、仲建築設計スタジオ共同代表

1976年京都府生まれ。1999年東京大学工学部建築学科卒業、2001年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。山本理顕設計工場勤務を経て、2009年仲建築設計スタジオ設立。2009-11年横浜国立大学大学院Y-GSA設計助手。2018年より法政大学江戸東京センター客員研究員。主な受賞に、2015年第16回JIA環境建築賞優秀賞(白馬の山荘)、2015年第31回吉岡賞、2016年日本建築学会新人賞(共に食堂付きアパート)、千葉県建築文化賞(上総喜望の郷おむかいさん)など。主な著書に『地域社会圏主義』(共著、LIXIL出版、2012年)、『脱住宅』(共著、平凡社、2018年)『2つの循環』(単著、LIXIL出版、2019年)など。

 

宇野悠里

建築家、仲建築設計スタジオ共同代表

1976年東京都生まれ。1999年東京大学工学部建築学科卒業、2001年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。日本設計勤務を経て、2013年に仲建築設計スタジオに合流、共同代表。主な受賞に、2015年第16回JIA環境建築賞優秀賞(白馬の山荘)、2015年第31回吉岡賞(食堂付きアパート)、千葉県建築文化賞(上総喜望の郷おむかいさん)など。


First Kojima Award

Toshiharu Naka

Architect, Co-president of Naka Architects’ Studio.

Born in Kyoto in 1976. After graduating from the Department of Architecture at the University of Tokyo in 1999, he earned a master’s degree in architecture from the University of Tokyo in 2001. He established Naka Architects’ Studio in 2009 after working at Riken Yamamoto & Fieldshop. He also worked as a design assistant at Y-GSA from 2009 to 2011. Major awards include the 16th JIA Environmental Architecture Award in 2015 (for Villa in Hakuba), 31st Yoshioka Award, 2016 Architectural Institute of Japan Young Architects Award (both for the Apartments with a small restaurant) and Chiba Cultural Architecture Award (for Omukai-san). Major books include “Local Community Area Principles” (co-author, LIXIL Publishing, 2013), “Beyond residences : Designing Small Economies” (co-author, Heibonsha, 2018), “Two Cycles” (LIXIL Publishing, 2019. Bilingual).

 

Yuri Uno

Architect, Co-president of Naka Architects’ Studio.

Born in Tokyo in 1976. After graduating from the Department of Architecture at the University of Tokyo in 1999, she earned a master’s degree in architecture from the University of Tokyo in 2001. She joined Naka Architects’ Studio in 2013 as co-president after working at Nihon Sekkei. Major awards include the 16th JIA Environmental Architecture Award in 2015 (for Villa in Hakuba), 31st Yoshioka Award (for the Apartments with a small restaurant) and Chiba Cultural Architecture Award (for Omukai-san). 


審査経緯

応募による自薦、理事会による推薦により、世界中から20代から90代までの候補者ロングリストを作成。

理事会により仕分け作業を行いショートリストを作成し、審査員の推薦による候補者を加えたものから、2019年6月25日の審査会を実施。

約6時間の審査を経て、仲俊治さん宇野悠里さんが第1回小嶋賞に決定した。